忍者ブログ
Home > > [PR] Home > 紹介 > ネストうちの子詳細設定

独走スペクトル

sima一家放浪記。ネトゲ雑食。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ネストうちの子詳細設定

■レオとコリーの生い立ち

生まれは王都から遠く離れた小さな村、平凡で幸せな家庭で育つ。
保護されたコリーとも本当の妹のように接し、とても仲は良い。
だが、その幸せは長くは続かなかった。
魔物の大群が村を襲い壊滅状態に、レオとコリーは庇われ無事に逃げ切れたが親と離ればなれになってしまう。死んでしまったのか、逃げ切れたのか。それさえもわからぬまま路頭を彷徨っていた二人を神聖騎士団が保護。
その後行く宛もなく、騎士寮でお世話になることになる。
そこで担当の世話係として出会ったのがルーク。

時が経ち、自分の身は自分で守れるようにとそれぞれ剣や弓を習いレオは傭兵から王宮の騎士団へ、コリーはいまだ行方知れずの親を探す旅にでる。




■ルークとソルフェイズの家系

彼等の一族には元より光の加護があるとされ、個々の能力によりその力を発揮することができる。
魔法を扱うことに長けており、特に治癒能力や闇の浄化・封印を得意とし、代々家業として貴族の中でも活躍してきた。
そして一族に光の加護を与える女神や天使に敬意と感謝を祈るため、一族の中から巫女を選び遣いの者として敬っていた。但し掟があり、巫女になる者は成人(ここでの成人は16)を迎える前の女子でなくてはならない。
代々その掟を守り継がれてきたのだが、ルークの代には条件の合うものがおらず彼が代わりになることになった。
元は分家の生まれだった彼は知名度も低く、表向きは女子と公表された。
真実を知る者の中には勿論、反対する者も多かったが彼にはそれをはね除けるだけの能力が備わっており、彼自身が天使と呼ばれるようになった。
対するソルフェイズは本家の生まれ。力量よりも掟を守ることを重要視し、彼が成人する前に彼女の姉がその後を引き継いだ。
表向きを考慮しルークは亡くなったことになっており、実際はその能力を買われ神聖騎士団へ。
その後病弱だった姉は亡くなり現在はソルフェイズが継いでいる。




■ウルシアと闇

元々ウルシアは普通の人間で、ただの一ソーサレスでしかなかった。
だが、一冊の本によって彼女の運命は一転する。

管理官が闇を封じるために使われたその本は魔導師たちの間でも力の有る者しか読み取ることができず、力無いものは飲み込まれてしまう。
そのため、とても崇高で危険な書物としてフェアリスターで管理されるようになった。
厳重に保管されていたはずのそれは、年月が経つと共にずさんな管理の中で存在も薄れていった。
そうして忘れられ誰の手にも触れられなくなり、封じられていた闇は少しずつ漏れだし、長い月日の間に自我を持つようになる。
闇は封印からの解放と自由な身体、それを手にいれる機会をずっと待ち続けていた。
偶然なのか、必然なのか、そこで本を手にしてしまったのが、ウルシアである。
元々力の無い彼女は闇に飲み込まれ、本来の彼女の意識は眠ったまま。(うっすらと意識がある場合もある)
彼女の身体を使い、表面上の意識は闇が支配している。封印から逃れられたが、本来の力を取り戻し身体と馴染むためにまたある程度の年月を隠れて過ごす。
飲み込まれてからもう何十年と経過した今では彼女の意識までも闇に飲まれ、ほぼ一体化している。そのためか、性格的な部分も本来の彼女らしいおちゃめで風変わりなところがある。

飲み込まれた身体は闇の力で老化せず、基本的に食事を取らなくても平気。
傷付くことはあってもさほど痛みはない、治癒力も若干備わっている。












■レオとルークに関する事件とは

レオが王都へ来てから世話係のルークと接触した期間はそれほど長くはない。
コリーと一緒に保護されたレオは兄として不安がる彼女を安心させようと気を張る日々を送っていたが、ルークの持ち前の優しさにレオ自身の不安を打ち明けよき相談相手になりとても親しくなる。
ルークが神聖騎士団として王都を離れるようになってからは連絡手段が無くお互いのことは何もわからなくなった。

その後、レオは傭兵として剣の腕を磨き王宮騎士団へ。ルークも王宮へ配属されレオがまだ王都にいることを知るもお互い職務に追われ再開できずにいた。
そんな中、前線へ出ていたレオが負傷したとの報告。傷は深く、並大抵の治癒魔法ではどうにもならない状態にまでなっていた。
それを知ったルークは彼を助けたい一心で、元々自身が持つ自己再生機能を含め、加護の力を血液媒介することによりより強い治癒魔法を彼に施した。
その甲斐もあり、レオの傷は塞がり一命を取り止めた。
しかし、己の血液を使った治癒は禁忌とされており地位や立場上の問題として事が大きくなる前にお互い自ら組織を抜けることになった。

レオが剣術の中で魔法剣を使えるようになったのもその一件があってから、現在も多少の自己再生機能が働いている。
血液媒介の治癒方は術者もかなりの負担がかかる。
血液が特殊と言う訳ではなく、それだけでは特に何の効果もない。
レオのように他者の身体に影響を及ぼすことがあるが、それが悪影響になる可能性もあるため禁忌とされている。ルークもそれは分かっているので普段使うことはない。


■ロンとルークの過去

二人とも元は貴族の生まれなので、神聖騎士団へ行く前に社交界で同じ場所に居たことはあるが面識はほぼない。 (全く無いわけではないが、その頃のルークは女子として振る舞っていたため)

ロンの家系も力のあるもので、その権力を維持するためと厳しい教育を受けて育った。
彼自身も親を尊敬し、継ぐためにと努力したが認められたことは無いに等しいほどで、後に本当は自分はただの親の捨て駒にしかすぎず良いように使われていただけと知る。
それまでの尊敬が憎しみと絶望に代わり、関係を断つ為に家を出て神聖騎士団に入団した。
 ルークは一族の問題の中でその存在を隠すために入団(別詳細参照)

ほぼ同時期に入団、年齢が一緒なので部屋も一緒で基本的にペアでいることが多い。
だがルークが入団してからしばらくは性格の相違からロンに避けられていたこともあった。
その後、意識の成長や互いの事情を知り合うことで親友と言える仲に。
他にも兄弟子のジェイクやセリオルが面倒を見ていて、ちょっかいを出されたり助け合ったりと仲良く親しい関係だった。 (セリオルは前以て闇の監視役として騎士団に入団していた)

それから数年が経ち各々が力をつけそれが認められるようになった頃、あるきっかけでルークはジェイクが竜の使徒だと知ってしまう。
対するジェイクは知られてしまったことによりルークを殺そうとするがロンに阻止される。
またもや信じていた人に裏切られ、遣り切れないロンとは裏腹に、殺されかけても今までの優しさを忘れることが出来ないルーク。
そんな時にルークは宮廷へ行くようにと任命される。
ジェイクの件をどうするか、結論を出せないままルークは王都へ。
残ったロンは真実を探ろうとするが、動き始めた竜の使徒や仲間だった者達の裏切りの中ジェイクを殺害。 竜の使徒の一件で神聖騎士団の中も混乱していたため、その後互いに連絡を取り合うことは出来なかった。

それから数ヶ月、ロンは騎士団から姿を消し、ルークは王都でジェイクの死やロンの消息不明の知らせに後悔する日々を送る。


■副作用と天使化

レオが致命傷をおった際にルークが施した回復術によりその後身体に残った副作用はいくつかある
傷の自己治癒能力だったり、魔剣が使えるようになったのもその1つ
元はと言えばその一件から始まったルークからの魔力供給によるものであり、その魔力が枯渇することによって力や能力だけでなく生命の維持も危うくなる。
誰もがそのようになるわけではなく、副作用は様々なので二人ともその様なことになっているとは知らない。
(ただ何となく何かは有るだろうとルークは思っているし、ある程度の時の経過で気付いていく)

元々自身が持つ身体の維持、成長機能はほぼ無いようなものになってしまったために以後姿が著しく変わるような変化はない。

一方魔力の供給源であるルークは一族が持つ光の加護が異常に強く、その力があるゆえに十分な魔力供給ができている。
しかし、大きすぎる力は少しずつ加護として与えられ制御する力ではなくルーク自身の意志とは反して勝手に力を発揮してしまうようになっていく。
制御が効かなくなった力はルークの成長を止め、周囲の物を自然と癒す能力を持ち、その力が枯渇するまで生き長らえる事ができる。(天使化)
ただそのために、レオへと流れていた魔力も徐々に途絶えていくことになり物理的に癒す力はあれど結果的にレオの生命維持は出来なくなる。
PR
コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新コメント

[05/22 sima]
[05/20 ざれ]
[10/23 sima]
[10/22 相樂]
[10/15 sima]

twitter



つなビィ

手書きブログ

さぽている



ガストゲームズサポーターズリンク「アルトネリコ2」公式サイトはこちらへ

ブログ内検索



Copyright(C) 2007 GCREST, Inc. All Rights Reserved.
Copyright(C) 2007 Ntreev Soft Co., Ltd. All Rights Reserved.
Ntreev and Trickster are registered Trademarks.